熱燗は酔いやすいけど体に優しいかも|日本酒の飲み方

TOPIC

「日本酒は悪酔いする」「熱燗は酔いやすい」という話を聞くことがあります。

実際の所、日本酒が特に悪酔いしやすいワケではないので「飲み方次第」。

ただ、「熱燗は酔いやすい」というのは本当です。

では「冷酒は酔いにくい」というわけでなく「後から酔う」だけ。
じつは温めた日本酒の方が、体には優しいようですよ。

酔いにくい飲み方、体に負担の少ない飲み方について調べました。

熱燗(あつかん)は「酔いやすい」けど体にはやさしい

お酒は飲むときの温度によって、酔い方が違います。
なぜかというと、食べ物や飲み物は体の中で温まってから消化吸収されるのです。

冷たいお酒は体に入ってから温度が上がるまで吸収されません。
温めたお酒ならすぐに吸収されるので、飲んですぐに「酔った」という感覚になります。

つまり熱燗は酔いやすいというより、「酔いが回るのが早い」だけなのです。

冷たいお酒を温めてから消化するより使うエネルギーは少ない分、体への負担も少ないのではないでしょうか。

冷酒は「時間差の酔い」に要注意

温度だけでなく「飲み方」によっても「酔い方」は違います。

熱燗はゆっくり味わって飲むイメージですが、冷酒はのど越しがいいからと一気に飲み干したりしませんか?
そして体に吸収される前に2杯目3杯目とすすんでしまい、後から一気に酔いがまわります。

同じように、白ワインよくも冷やして飲むので後から一気に酔いが回ります。
グラスも大きいので、ついついペース早めにに多く飲みがち。

冷たいお酒は、あえてゆっくりと飲むことが大事です。

日本酒で悪酔いしないポイント

熱燗と冷酒、多少時差があっても飲んだ分だけ酔いがまわります。
とくに冷たいお酒は、後から自分で思った以上に酔ってしまいます。

ひどい場合にはアルコールの分解が追い付かなくなり、酩酊状態になったりアルコール中毒になったりすることも。

なので、なるべくゆっくり。
一気にお腹に吸収されないよう、胃にもやさしいチーズなどの乳製品をつまみながら飲むのがおすすめ。

さらに、お酒を飲むときには「和らぎ水」といって、お酒と同量くらいのお水を飲むとよいとされています。
ウイスキーに「チェイサー」というお水がついてくるように、日本酒にも「和らぎ水」をセットで出してくれるお店もあります。
和らぎ水といっても特殊な水ではなく、普通の水やミネラルウォーターで大丈夫です。
コーヒーや緑茶などはカフェインが入っており体から水分を出してしまうので、「ただの水」を飲むのがポイントです。
お酒の飲みすぎは後で辛いので、「飲み方」には気を付けたいものです。

タイトルとURLをコピーしました