日本酒のセメダイン臭とは

TOPIC

お酒の口コミを見ていると「セメダイン臭」「セメ臭」という単語を見かけることがあります。

お酒なのにセメダイン?と思っていたのですが、先日買ったとあるお酒がまさにこの「セメダイン臭」。
ホントにあの接着剤のセメダインなのです。

セメダイン臭は「酢酸エチル臭」とも言われています。
「酢酸エチル」は果物の香り成分にも含まれる「エステル」という香り成分の一種。

お酒を造る酵母から生成される、お酒の香りを構成する成分の一部なのです。


お酒の「香り成分」のバランスが、何らかの理由で崩れてしまうと「セメダイン臭」になってしまうのですね。

正直あまり美味しくなかったので、どうしたらいいのか調べてみました。

セメダイン臭のする日本酒は飲める?

飲めます、でもセメダインの風味なのであまり美味しくはありません。
香りってとても大事なことがわかりますね。

試しに熱燗にして飲んでみましたが、セメダイン臭が際立ってダメでした。
仕方ないので冷やで飲み切りました。

セメダイン臭の他にもある|日本酒の劣化臭

日本酒はとてもデリケートな飲み物なので、保管状態によっては劣化が進んで「臭い」が出てしまうことがあります。

たとえば「老香」(ひねか)。
これはお酒の保管状態が悪いと出てくる香りで、「たくわん」のような香りだそう。
「こげっぽい」「すえたかおり」と表現する人もいます。

またお酒に火落ち菌が入ってしまうと、酸っぱい香りがすることも。

日光にあたって発生する「日光臭」というものもあるそうです。
これは「たまねぎ」のような香りで、透明な瓶の場合は日光に数時間あてるだけで発生してしまうとか。

どれも長期間熟成したお酒の「熟成香」とは違う、嫌な感じがするニオイとのこと。

日本酒の嫌なニオイを避けるには?

買ってきた日本酒は必ず冷暗所で保管するようにします。

火入れ(殺菌)してあるお酒でも劣化するので、「常温で保管」と書いてあっても冷蔵庫に入れておきます。
一升瓶など冷蔵庫に入らない場合、冬の間は涼しい場所や床下収納におくことも。
それでもやっぱり冷やしておいたお酒の方が美味しかったので、小分けして冷蔵庫にしまっています。

生酒は夏でも冬でも冷蔵庫で保管します。

まとめ

問題のお酒の「セメダイン臭」は、買ってすぐの状態で発生していました。
お酒を造る段階か、酒屋さんで発生したのかはわかりません。

自分では防ぎようがないので、買う時はなるべく「冷蔵庫で保管」している酒屋さんで買うことにしました。

香りの成分についてはこちらのブログを参照しました。

鳴海醸造店のブログ オンライン日本酒きき酒

タイトルとURLをコピーしました